• HOME >
  • 記事一覧 >
  • Soanプロジェクトセカンドミニアルバム『旋律、静かな願いと。調律、その脈動に問う』発売記念「Soan× 芥 × 手鞠」SPECIAL 対談

Soanプロジェクトセカンドミニアルバム『旋律、静かな願いと。調律、その脈動に問う』発売記念「Soan× 芥 × 手鞠」SPECIAL 対談

セカンドミニアルバムとなる『旋律、静かな願いと」「調律、その脈動に問う』をリリースするSoanプロジェクト。ファーストツアーを経て、より強固になり、濃度が上がったというこのプロジェクト。Soan、手鞠、芥の三人がそれぞれこのプロジェクトに込めた想いとは。
Soanさんを中心にこのプロジェクトのもとに集まった三人が豪華ゲストメンバーを迎え、今まさにひとつになる。


"Soanプロジェクトという濃度が上がっているのをこういうインタビューを通じて自分自身も凄く感じます"________Soan
"Soanプロジェクトの中の手鞠っていう存在の自覚が強まると同時に歌詞もSoanプロジェクトの歌詞になっていっている"___手鞠
"プロジェクトっていうその枠の中っていう一線をひとつ越えた気持ちで歌えた"________芥

 


1st Mini Album Release 『静謐を制し征する音、慟哭を鼓動として道とする音』リリース、そしてそのツアー後すぐにセカンドミニアルバムの制作に取り掛かられたとお伺いしました。
ファンにとても嬉しいお知らせになりましたが、次の作品の制作へと短期間で行動に移された経緯とその想いをお話ください。



芥_僕は前作のリリース直後ぐらいにすでにその時点で曲が沢山あったじゃないですか。前作を作って、その後もやる気に満ち溢れていたというか…笑
Soan_そうだね。やる気に満ち溢れてた。笑
芥_そうなんです。やる気に満ち溢れていたので、「やらないんですか」って。僕はやる気しかなかったですね。
Soan_そうなんだよね。芥がわりとセカンドミニアルバムに向けての背中を一番押してくれたメンバーかも。
芥_ずっと言ってた気がします。
Soan_ずっと言ってたよね。
芥_やっぱりファーストは名詞代わりの一枚。Soanプロジェクトwith芥としての世界の大枠を示したものだと思うんですけど、このプロジェクトの”動”の部分を担うものとして新しく出て来てた曲達を早く聴いて欲しいと思ったんです。これを聴いてライブに来てくれた方が絶対楽しいでしょという気持ちが非常に強くて。やっぱりライブの空間を作る上では、この世界観をいち早くお手元に届けた方がいいんじゃないかっていう思いですね。あとやっぱり曲が凄く良いということですよね。
Soan_そうだね。なんか強固なものになったよね。
芥_そうですね。だからこれは早く歌ってツアーの熱が冷めないうちにやった方が良いんじゃないかっていうところで「やりましょう、やりましょう」と言って、そしたら”あれよあれよ”と形になったので、嬉しい気持ちのまま歌う事が出来ましたね。
Soan_手鞠さんはどう?
手鞠_ファーストっていうのはどうしてもこういう特殊な企画だったりするので期待と不安が半々ぐらいだったりとかするんですけど、ファーストのリリースを経て純粋に期待というか、自分自身がこんなに今充実して音楽を楽しめているんだなという気持ちが再確認出来たのでやっぱり新作を作る事にしても凄く前向きだったし、次はどういう曲で自分をSoanさんが泳がせてくれるんだろうと。曲もメロディもSoanさんが作ってくれていて、例えるなら牧場をSoanさんが用意してくれていてその中を走りまわるような、水槽を用意してくれてその中を泳ぎ回るっていうような気持ちよい感覚だったりするので、今度はSoanさんがどんな遊び場を用意してくれているんだろうなって思います。それが束縛的な部分を全く感じないというか、充実して「僕、こんなに走れてます!」みたいな感じが僕も芥くんもしてると思うんです。
芥_わかる。放し飼いの大きな牧場ね。
一同_
手鞠_そうそう。牧場の広さが桁違いみたいなね。笑
芥_ストレスが無い。笑
手鞠_そう。多分、僕ら今食われたらストレスの無い肉として美味しいんだろうなっていう。笑
芥_適度に締まった美味しい肉になってるよね。笑
Soan_規格外の牧場ってことね。笑
手鞠_そんな広大な牧場に放し飼いにしてもらっているので、新作に関してもなんの物怖じも無くひとりのボーカリストとして、アーティストとして胸を張って向き合える状態でしたね。
Soan_俺も今、芥と手鞠くんが言ってくれたことと一緒になるんですが、芥が背中を押してくれたり、やっぱりファーストを手にとってくれたお客さんが新曲を提示する度にライブでダイレクトに芥の方では身体で受け止めてくれて手鞠の方では心で受け止めてくれているのが通じ合えたライブ空間が出来て、それで皆の声が大きくなって最終的に俺も背中を押してもらったたっていうのかな。
手鞠_そうですね。どちらのプロジェクトも正直なお客さんのレスポンスが我々の励みになったといか、やっぱり間違えていなかったんだという再確認が出来たからこその新しい二作目の制作の勇気になったというか原動力になりましたよね。
Soan_そう。なんかびっくりするぐらいお客さんが凄く良いって言ってくれるよね。
芥_前向きな意見が多い。
手鞠_そうだね。どうしてもそれぞれの活動があったりとかしたし、今も芥くんはChantyっていうバンドとして一線で活躍しているバンドだからこそ、言ってしまえばマイナスな意見も甘んじて受け止めてそれでも自分達の音楽を提示していこうという気持ちはあったけど、予想以上にポジティヴで、それはそれとして作品を凄く良い形で受け止めてくれてたよね。
Soan_愛してくれている感じが凄く伝わってくるからいいよね。有り難かったです。

Soanプロジェクトwith手鞠

Soanプロジェクトwith手鞠


セカンドミニアルバム『旋律、静かな願いと』、『調律、その脈動に問う』。それぞれの作品に込めた想い。レコーディングエピソードや楽曲についてお話をお願いします。

芥_前作は歌詞も世界観だったり想いみたいなものがメインの作品だったんですけど、今作はさっきも言った通りライブを想定した曲が非常に多いですよね。レコーディングってちょっと構えちゃう所があるんですけど、今回は素直にライブの画を思い浮かべながら歌えたっていうのが自分の中でも大きくて、さっき手鞠くんが言ってたように変に気構えたような感じじゃなくてもう自分のバンドですよね、言ったら。
Soan_もうひとつのね。
芥_そうなんです。素直にその気持ちで。自分の気持ちとしても人事じゃないんですよ。
Soan_有り難い。
芥_前が他人事だったとかそう言う事ではなくて、今、更にその世界にのめり込んでこのプロジェクトの良い部分をいかに伝えていけるかっていうことをメインに意識し過ぎずに伸び伸びと歌えたので、正直細かい事覚えてないんですよね。前の方が多分、「この曲はなんとかです」、「こっちはなんとかです」っていうのがあったんですけど良い意味でもともと出来上がった歌詞で、ライブでやっているものを載せたっていうのもあるけど、バンドとしてのライフワークの気持ちそのままで歌えたってところがありますね。
Soan_ライブ感のソリッドさみたいなね。「気持ち込めて歌えた」って芥がデータ送ってくれた時、言ってくれたもんね。それは俺も感じたしね。
芥_そうなんです。だから良い意味で普通だったんですよね。
Soan_自然体ってことだね。
芥_それが出来たのが"プロジェクトっていうその枠の中っていう一線をひとつ越えた気持ちで歌えた"っていうのは自分の中でも良い経験だったなって思いますね。
Soan_一年やってハマった感じだよね。Chantyの芥とは違う自分みたいなものを出すっていったところで。
芥_そうですね。
Soan_そう言ってくれると有り難いです。手鞠さんは?
手鞠_音の録り方に対する気持ちの部分は今、芥くんが言ってた通りだと思います。個人的には歌詞の変化ですね。二作目は一作目に比べて"Soanプロジェクトwith手鞠"の中の”手鞠"の歌詞に変化していっているっていうのが自分の中でびっくりしました。一作目っていうのはまだ始まったばかりだったし、それこそ僕の前の活動をSoanさんがリスペクトしてくれた上でのこの活動へのお誘いだったりするから、そのままの姿勢で臨んでた部分があったんですけど、やっぱり一緒にライブを重ねたり時間を過ごしていく中でSoanさんというドラマーであり、ピアニストであり作曲家であるアーティストに自分が良い意味でリスペクトと同時に感化されている部分があって、よりSoanプロジェクトの中の手鞠っていう存在の自覚が強まると同時に歌詞もSoanプロジェクトの歌詞になっていっているという変化が自分で面白くて、これが今自分がこのSoanプロジェクトのメンバーになれている自信というか自覚が現れているんだなと、それが凄く驚きでもありましたね。
Soan_"Soanプロジェクトwith手鞠"の中の”手鞠”がより強固なものになっているよね。今回の二作品目のSoanプロジェクトならではの実験的なものとしては芥がファーストミニアルバムの『慟哭を鼓動として道とする音』に「透過幕」という曲があるのですがその曲のアンサーソングで「sign...」という曲の歌詞を書いてくれて、それがセカンドミニアルバム『調律、その脈動に問う』に収録されていて、その二曲を手鞠くんが芥の歌詞感だったりとか伝えたい事を汲んで手鞠くんなりにアプローチをした『sign...-resonance-』という曲がwith手鞠の方のセカンドミニアルバム『旋律、静かな願いと』に収録されているという「sign...」対決というのがあります。笑
一同_
Soan_こないだ芥が手鞠くんの『sign...-resonance-』の歌詞を少し見た時があって、手鞠くんが本当に恥ずかしそうにしてたのが印象的だったけど。笑
手鞠_通信簿を親に見られる時の気持ちでしたよ。笑
芥_久しぶりに顔をリアルに隠して恥ずかしがる人を見ましたよ。笑
Soan_手鞠くんが凄く可愛かったよね。そのあたりのエピソード聞かせてよ。
芥_僕的には歪んだ愛の形みたいなものを「透過幕」で書かせてもらったんですけど、その双方の気持ちっていうのが「sign...」の歌詞で読み解いてもらえたらなっていう気持ちで書いたんです。僕はあまり歌詞に直接的な表現をしない方なんですけど、手鞠くんの書いた『sign...-resonance-』を先日、少しだけ見た時に紡がれている言葉の節々の断片が痛くて。まだそれを紐づける所までは読んでいないんだけど、「そうなんですよ」っていうところが今の段階で見て取れるんです。
手鞠_僕も何か歪んだ愛の形みたいなものを感じていてこれを如何に素直に受け止めつつ、如何に自分も歪んだ形で返そうというか、僕も多分愛情表現の仕方が本質的に歪んでいるタイプの人間だと思うから、そこをあえて歪んだものをストレートにする必要は無いと思って自分のベクトルだし、共感するところは凄く共感するし言葉選びの部分とかで自分なりの表現をして、でも芥くんの描くものを殺さずに両方の存在価値みたいなものが生きる歌詞の書き方が出来たらいいなと思いましたね。自分自身がこういう試みが初めてだから実験的な部分もあるし、凄く楽しめましたね。
Soan_聴き比べて欲しいよね。やっぱり二つのプロジェクトが対を成していてもこうやってひとつに重なったりする事が出来るプロジェクトなので両方を楽しんでもらえたらなって思ってます。

 

Soanプロジェクトwith芥

Soanプロジェクトwith芥

そしてリリース後、ワンマンやイベントライブへのご出演などライブスケジュールも決まっています。ファーストツアーからセカンドミニアルバムリリース後のライブはどのようなものになりそうでしょうか。

手鞠_今まで以上に充実感がもの凄いです。それが素直に良い形で、素直に歪んだ形で表現出来るんじゃないかなって思います。僕の素直とは即ち歪むことだと思っているので。(笑) それが客席に対して肉薄してくるというか、臨場感だったりとか、さらにSoanプロジェクトとして重ねてきた時間の中で音が厚みを増して、より濃い内容のものが提示していけるんじゃないかと思いますね。
Soan_俺ら的には心が抉れそうだし、寧ろ抉っていきたいですね。
芥_以前、ワンマンツアーを巡った時にCDをリリースしてはいましたが、ライブでやる曲の半数は知らない曲という状況の中にも関わらずお客さんの食らいつきが半端無かったというのが一番印象に残ってるんです。そこから殆どの曲を音源にして、それを持ってツアーを回ったり出来るってことはそれ以上のものが生まれてしまうということで、それは恐ろしいことだなと思っちゃうぐらいなんですよね。(笑) 僕、本当に名古屋のワンマンが、他と比べる訳じゃないですけど凄く印象に残っているんですよ。
Soan_あの雪が結構、降っていた日だよね。
芥_そうです。凄く熱かった。
Soan_確かに熱かったね。
芥_理屈抜きに食らいついてくる感じが本当に心地よかったです。このプロジェクトの意図しているところっていうのが、やっぱりちゃんと伝わっているって事とSoanさん始めゲストメンバーのファンとして最初は集まってくれたと思うんですけど、Soanプロジェクトというバンドの楽曲を取りこぼすまいと挑んで来る姿勢が良い意味で攻撃的なファンが集っていると思うので、その場所に居て下さった方は勿論、新しく興味を持ってくれた人達も是非挑みかかってくれるともっともっと熱い空間が作れるんじゃないかと思いますね。今回は対バンイベントも多いですけど、沢山のバンドを食っていくぐらいの勢いでやれたら面白いなと思います。
Soan_そうだね。今、芥は芥で、手鞠くんは手鞠くんでSoanプロジェクトという濃度が上がっているのをこういうインタビューを通じて自分自身も凄く感じます。より一層、強固なものになっていっているのを自分自身も手応えとして感じているので集まれる機会というのは数が限られていますが、その時に強くて固いものというものを「静と動」というコンセプトを通じて皆に響き渡らせていけたらなと思っています。
そして今度、8月22日と23日に東京のSHIBUYA-REXで2DAYSワンマンがあります。せっかくの2DAYSだし夏ということでコンセプチュアルワンマンみたいなものを「真夏の夜の夢」と題してやります。普段のSoanプロジェクトとはまた違った見せ方だったりヴィジュアル系ならではの見せ方を出来たらいいなと思っているので是非、名古屋からも遊びに来てくれたらなと思ってます。そして名古屋公演に関してはwith芥の方が10月1日(日)にHitomiくんの新しいプロジェクト、ウミユリと共に名古屋ell.FITS ALLで2マンライブがあります。その日はShunちゃんと芥と一緒にアウトストアもありますので是非とも遊びに来ていただけたらなと思います。今、芥にも手鞠くんにも話してもらったのですが見てもらってナンボというか、各々、違う活動スタイルだからこそ見てもらってから始まるかなと思うので是非遊びに来てくれたらなと思っています。



WEB版未発表部分も掲載したフリーペーパー版
「FIVESTARS MAGAZINE VOL.15 -Soanプロジェクト編-」配布決定!
東海地区限定での配布です!是非、入手してください!

◎フリーペーパー版「FIVESTARS MAGAZINE VOL.15 -Soanプロジェクト編-」
8月8日(火)より配布開始!

フリーペーパー版(設置場所):
名古屋fiveStars
名古屋ElectricLadyLand
HOLIDAY NEXT NAGOYA
名古屋HeartLand 
名古屋ダイアモンドホール
静岡Sunash
静岡 窓枠
金沢AZ
長野 CLUB JUNK BOX 
岐阜CLUB-G
岐阜 柳ケ瀬Ants 
*郵送ご希望の方は以下よりお申し込みください
https://fivestarsmag.thebase.in

【fiveStars情報】
2017年8月9日発売
Soanプロジェクトwith手鞠『旋律、静かな願いと』
fiveStarsオリジナル特典:・・・コメントDVD&集合フォト
ご予約はこちら

2017年9月6日発売
Soanプロジェクトwith芥『調律、その脈動に問う』
fiveStarsオリジナル特典:・・・コメントDVD&集合フォト
ご予約はこちら

Soanプロジェクト2nd Mini Album『旋律、静かな願いと。』『調律、その脈動に問う。』アウトストアイベント
10月1日(日)名古屋ell FITS.ALL公演ライブ開場前(※時間未定)
内容:撮影会(4SHOT)
アウトストアイベント参加メンバー:Soan / 芥(from Chanty) / Shun
購入対象店舗:名古屋fiveStars / 名古屋ZEAL LINK / 名古屋Like an Edison / 名古屋little HEARTS.
参加方法:
・8/9(水)Release Soanプロジェクトwith手鞠『旋律、静かな願いと』(S.D.R-317)
・9/6(水)Release Soanプロジェクトwith芥『調律、その脈動に問う』(S.D.R-318)
上記2作品のうちいずれか1枚を対象店舗にてご購入のお客様に「4shot撮影会」参加券を差し上げます。
※撮影はバンド持ち込みのチェキで行います。
※撮影場所・撮影ポーズ指定・メンバーのみのチェキなど諸々指定不可。(※後日撮り直しなども不可)
※イベント参加券の発券はそれぞれの発売日より行います。
※通信販売でもイベント参加券の発券を行っております。ご希望のお客様はWEB SHOPよりお申し込みください。
※商品入荷後のイベント参加券のお取置きはお受付しておりません。ご希望のお客様は入荷日前にご予約をお願いいたします。
お問い合わせ:名古屋fiveStars 052-261-7373
 

【『旋律、静かな願いと』購入者対象イベント】
8月26日(土):Soan / 手鞠 / 祐弥(Guest)
13:00- / 新宿自主盤倶楽部
16:00- / 高田馬場ZEAL LINK
19:00- / 渋谷ZEAL LINK
8月27日(日):Soan / 手鞠 / 祐弥(Guest)
13:00- / Like an Edison東京店
16:00- / littleHEARTS.新宿店
19:00- / 池袋Brand X

【『調律、その脈動に問う。』購入者対象イベント】
9月23日(土):Soan / 芥(from Chanty) / Shun(Guest)
13:00- / Like an Edison東京店
16:00- / 高田馬場ZEAL LINK
19:00- / 池袋Brand X
9月24日(日):Soan / 芥(from Chanty) / Shun(Guest)
13:00- / littleHEARTS.新宿店
16:00- / 新宿自主盤倶楽部
19:00- / 渋谷ZEAL LINK

【アウトストアイベント】
9月30日(土)大阪RUIDOにて:Soan / 芥(from Chanty) / Shun
ライブ開場前(※時間未定)
10月1日(日)名古屋ell FITS.ALLにて:Soan / 芥(from Chanty) / Shun
ライブ開場前(※時間未定)

【Live Schedule】
8.22(火)渋谷Rex(with手鞠・Oneman)
8.23(水)渋谷Rex(with芥・Oneman)
9.18(祝)渋谷Rex(with手鞠)
9.25(月)高田馬場AREA(with手鞠・2man)
9.26(火)高田馬場AREA(with芥・2man)
9.30(土)大阪RUIDO(with芥・2man)
10.01(日)名古屋ell.FITS ALL(with芥・2man)
10.27(金)渋谷TSUTAYA O-WEST