Initial'L「FIREFLY」発売記念メンバー対談

MiniAlbum「FIREFLY」を引っ提げ、初のワンマンツアーを行うInitial'L。
ツアーファイナルは、メンバー自らその場所を選んだという思い入れの深い"赤坂BLITZ"。
「FIREFLY」のレコーディングエピソードに加え、ツアーへ向けての意気込みやツアーファイナルへの想いを語ったメンバー全員対談。

Mini Album 「FIREFLY」の作品解説や聴き所、レコーディングエピソードをお話ください。

サトシ この作品を作るにあたって個人的にテーマみたいなものがあって、俺はこの作品が最後の作品になるつもりで作った。
緋遊 全てを注ぎ込むって意味でね。
悠希 じゃあ次は出て来ないってこと?
サトシ いや...まだ生きるからね。笑
一同 爆笑
サトシ この作品で死んじゃったとしてもって意味でね。遺作を残す意味で作ったってこと。でもまだ生きるんだけど。笑
ZERO 気持ちだからね。
サトシ 制作も早く取り掛かって自分の出来る限りを注いだから、毎回気合い入ってるけど今回は特に入ってたね。
一朗 今回はね、ドラムもなかなか気合い入りましたよ。ノリノリだったね。初めてかな、あんなにノリノリで叩いたのは。
ZERO 一日に詰め込んでたもんね。何時間叩いてたの?
一朗 始まったのが昼の一時ぐらいで終わったのが朝四時とか。休憩も入れたけど、自分との戦いだったね。最後の二曲が「LAST FIGHT」と「YourSong」だったんだけどツーテイクで絶対終わらせるっていう気持ちでやったので何とか終わりましたけどね。あと今回の作品はデモの段階でハイハット多めやなって思った。
サトシ そうだね。一朗がこんなことしたいんだろうなっていうのが分ったからさ。だから分りやすくデモにも入れておいたから。
一朗 そうだね。助かりましたよ。
ZERO 今回は立って弾きました。座って弾くと凄く落ち着いて弾いちゃうし、立って弾いた方がライブみたいに弾くからちょっとは変わるかなと思って試してみたんだけどね。
一朗 それもあって俺もやりやすかったっていうのもあるんだよね。ドラムの段階から皆で"せーの"でやったから。いつもだとブースの向こう側から「ごにょごにょ」言いながらさ。俺には聞こえないのに。笑
ZERO そうだね。その辺のテンションの明るさはありました。一緒にやってるとまたテンションを維持出来ましたね。
サトシ 面白かったね。
ZERO 結構、笑ってることが多かった。
一朗 次からもこのやり方で行きたいね。
サトシ そうだね、バンド感も出るし。
緋遊 今回はベースだけじゃなくてコーラスも参加させて頂いて。っていうか皆、コーラスしたよね。
ZERO 皆、参加したけどひーくん(緋遊)のが一番、パンチ効いてる。
緋遊 一番最後に録った「LAST FIGHT」ね。悠希が「LAST FIGHT」だから最後の曲にするぜってね。
サトシ 何回もシャウトしてね。
緋遊 急にシャウト入れてよって話になって、ブース入れられて。
サトシ 一時間ぐらいずっとシャウトしてさ。文章で伝えれないのが可哀想なんだけど本当にいろいろな表現のシャウトがあって、最終的に録り終わった後、ボリュームもっと下げてもらっていいかなって。笑
緋遊 曲に馴染むようにってね。笑
サトシ 結構、耳を澄まさないと聴こえない。笑
緋遊 あと「FIREFLY」は歌入れの直前に変わったもんね。
ZERO アレンジが少し変わったよね。
サトシ 「FIREFLY」に関してはね、たまたま悠希が作ってたメロディと俺の作ってたオケがテンポが一緒でキーが半音だけ違ったっていう奇跡が生まれて、声に合わせてオケを作り直したらもう出来ちゃったってていうね。
悠希 あれは初めての経験だった。なかなか無いよね。
ZERO 俺が言うのもなんだけど、全体を通して歌詞をよく読んで欲しい。分かりやすいけど凄く奥の深い歌詞が沢山揃ってる。人それぞれ価値観が違うから人によって見える情景が違うと思うよね。
一朗 「YourSong」とか結構激しい曲で、”この曲ライブで楽しそう”って思ってくれるのもいいけど、歌詞も聞きながら楽しんでくれたらより良い曲になるのかなっていうのはあるよね。
サトシ 最終的にリリースしてライブで沢山聴いてくれて、ライブで一緒に歌ったりしたいなって思うよね。
悠希 どの歌詞が好き?
一朗 俺は「FIREFLY」。
ZERO 「FIREFLY」か「YourSong」かな。
緋遊 「FIREFLY」も好きだけど「LAST FIGHT」も好きかな。
サトシ 俺は歌詞にあまり深く関わった事が無かったけど、初めて「LAST FIGHT」で皆で出し合ってそれを繋げて出来た歌詞だから新鮮だったね。
ZERO 難しいんだろうなって思ってたけど、やっぱり歌詞って凄く難しいなって思った。言葉の選び方とか、接続する言葉ひとつ変わるだけで本当に意味が変わっちゃうから伝えたい事を文字に起こすっていうのは本当に難しいなって思った。
サトシ でもあらためて皆でひとつの歌詞について話し合って、バンドとして伝えたい事って皆一緒だなって思えて良かったなと思った。
一朗 皆、それぞれ好きな曲があるけど、今作はやっぱり歌詞を聴いて欲しいですね。

始動から現在まで、ヴィジュアル系に留まらず幅広いジャンルとの対バンイベントにご出演されています。これまでのInitial’Lの活動を通してどのような刺激を受け、Initial'Lとしてどのような未来を描いていらっしゃいますか?

悠希 刺激だらけだよね。
一朗 どのような?
悠希 チクチク...痛気持ち良い刺激を。笑
一朗 刺激はあるよね。
サトシ 何か自分達のバンドも誇らしく思っているし、会場にいる自分達のファンの事も誇りに思いながらライブをやっているのは伝わるよね。
緋遊 何かやっぱり普段、対バンしないから他のバンドさんとの距離があるんだよね。でもライブ一本終わると凄く仲良くなれるというか、認めてくれるよね。
悠希 だって普通に客席でノってくれるしさ、ああいうのは嬉しいよね。俺らはさ、ホールに出るとさ「あれ、出て来ていいの?」って顔されるけど、でも凄くホールで一緒にライブ観たい。
サトシ そうだね。ホールでしか感じられないものもあるしね。
悠希 ちょっとさ俺達もライブというかそのイベントを楽しみたいという欲が強くなったかもしれない。
ZERO そうだね。それはある。そういうところの刺激が強いね、やっぱり。
一朗 Initial’Lの未来はどんな未来を描いていますか?
悠希 やりたいこと一杯あるよね。
サトシ 俺は大きな括りでいうと、ジャンルとかあるけど、それって分りやすくするために作っただけであって音楽は音楽だからね。俺はロックバンドやってるから、とりあえず日本のロックシーンを変えたいと本気で思ってるからね。
一朗 そうだね。それに皆も着いてきてくれると思うし、同じ気持ちを持ちつつこの五人でやっていきたいなと思います。
悠希 うん。やるしかない。

十二月十八日の赤坂BLITZに向けて初のワンマンツアー「FIREFLY TOUR ーRoad to BLITZー」が始まりました。このワンマンツアーがどのようなものになりそうでしょうか。そして赤坂BLITZへの想いをお話ください。

一朗 初めてじゃない感覚で、初めてって不思議な感覚なんだよね。
一同 変だよね。笑
サトシ でもやっぱライブの作り方とか変わったし、曲も多くないからさ。限られた中でどれだけ有効的な一発を打ちかますかってところだね。クアトロで一本やって、やらないと見えて来なかったことって凄くあったからね。
緋遊 ワンマンツアーってやればやるほど、曲も成長していくよね。それが凄く楽しみかな。
悠希 俺はクオリティを落とさずに質の良いライブをしたいかな。
一朗 結構やったことあるライブハウスばっかだからね。東名阪ぐらいかな初めての箱っていうのは。
ZERO それが楽しみなんだよね。昔やってた感覚と今の感覚で、当初立ってたところでまた立って、どう変わってるのかなってすぐにわかると思うんだよね。
悠希 昔、こんなことやってたなとかね。
ZERO きっとその場に立つと思い出すよね、一気に。
悠希 楽屋に入ると思い出す。
ZERO その時、その時のトラブル事とか結構思い出しそう。
サトシ どういうツアーにしたいかと言えば、俺は打つかり合いたいな。オーディエンスとさ。
ZERO それはあるね。
サトシ 熱を高めあえるライブをね。打つかりあって良いライブを作っていこうぜって。
悠希 俺は一朗に反対向いてドラム叩いて欲しいんだよな。背中向けて叩いてってこないだネタで話してたんだけど。それでMCの時だけ椅子をクルってやって「どうも一朗っす!」ってしゃべってさ。ドラムって全身が見える事ってないじゃん。
サトシ でも後ろからみたら格好良いかも。
一朗 ただアイコンタクトも何も無い。笑
ZERO それはキツい。笑
一朗 皆、トラブってるのに俺だけ気付かずに次の曲いくとかさ。笑
一同 
一朗 そんなライブにはなりませんよ。笑
悠希 やった事無いことやりたいかな。
緋遊 あと「FIREFLY」にもあるようにお互いを知っていくツアーに出来れば良いかなって思うよね。打つからないと知れないからね。
一朗 とりあえずサトシは全員と打つかってきて。笑
一同 
サトシ でもこないだ一本終わって、ワンマン凄く楽しかったの。だから俺、あいつらを全員抱きしめてやろうかと。
一同 爆笑
サトシ でも全員と抱きしめあったら、結果的に俺が抱きしめられてることになるなと思って。笑
悠希 一時間ぐらいサトシが抱きしめられてるのを俺らは見てるわけでしょ。笑
一朗 最初の五人ぐらいは「はぁ♡」ってなるけど、十人目ぐらいから「まだこいつやっとる、早く終われ」ってなるよ。笑
サトシ そういう気持ちだよ。それだけ気合い入ってるよ。
一朗 そうですね。気合いの入ったワンマンツアーになります。あとBLITZですよ。特にこのBLITZは一番気持ちが強いね。
サトシ なぜ、このワンマンツアーのタイトルにBLITZって入っているかっていうところだね。
悠希 ちょうど一年ぐらい経つしね。場所を選んだのも俺達だし、何故そこを選んだのかっていうところはね。
一朗 BLITZへの想いは果てしないね。とりあえず越えるしかないね。
悠希 集まって欲しいんだよね、BLITZに。なんだろう、何とも言えない感覚。バンドが違うってファンからしたらデカい事なんだけど、俺の気持ち的にはデカいことだけどその半面些細な事でもあり、この五人だからこそ、そこでやる意味が生まれてきてさ…俺は知って欲しいんだよね。Initial’LのファンにもLycaonのファンだった人にも知って欲しい。

最後に「FIVESTARS MAGAZINE」読者に一言ずつメッセージをお願いいたします。

緋遊 これを読んで気になった子は、このワンマンツアーでお互いを知れるきっかけになると思うので是非遊びに来てください。
一朗 fiveStarsにはお世話になりっぱなしなので、恩返しもしたいのでこんな5人ですけど頑張っていくので名古屋を一緒に盛り上げたいよね。「あいつらが名古屋に帰ってきた」って行く度に言われたいし、そんな気持ちでツアー全国回るので宜しくお願いします。ありがとうございました。
ZERO とにかく一度、ライブを観て欲しい。写真だけでも無く、文章だけでも無く、音源だけでも無く。やっぱり体感しないと分らないことの方が多いと思うので、友達に連れられてでもいいのでまだ見た事の無い人は一度観て欲しいなと思います。
サトシ THE BLUE HEARTSも言ってたんだけどさ「写真には写らない~」ってさ。観てから何か言って欲しいな。今、観といたら後々、自慢出来るぜ。本当にそれぐらいのバンドになる気しかしてないから。写真とか見て気に入ってくれてる子もいると思うし、変わったなって思ってる子もいると思うけどライブ観てから言ってくれってね。それで納得させてやるよ。
悠希 名古屋ってさ、俺らにとって大事な土地だし一生大事にしたいよね。だからさこれからもInitial’Lを応援してください。凄く簡単な言葉だけど、一番言いたいのは”ありがとう”かな。僕ら五人じゃ何も出来ないしお前達がいてのInitial’Lなのでこれからもよろしく。

Initial’L「FIREFLY」
発売日:8月18日(金)
価格:¥2,000+TAX
品番:POCS-1625
発売元:Rocklife Records・販売元:ユニバーサルミュージック合同会社
収録曲:7曲+Bonus Track
「FIREFLY」
「LAST FIGHT」
「YourSong」
「Fly of Angels」 (Bonus Track)
「Stop my heart」
「HIVE」
「Light My Fire」
「Night and Day」

「FIVESTARS MAGAZINE VOL.17-Initial'L編-」紙面版発行決定!
本インタビューに加え、未発表対談を掲載した紙面版を発行いたします。
東海地区限定での配布です!是非、入手してください!
◎フリーペーパー版「FIVESTARS MAGAZINE VOL.17 -Initial'L編-」
8月18日(金)より配布開始!
フリーペーパー版(設置場所):
名古屋fiveStars
名古屋ElectricLadyLand
HOLIDAY NEXT NAGOYA
名古屋HeartLand 
名古屋ダイアモンドホール
静岡Sunash
静岡 窓枠
金沢AZ
長野 CLUB JUNK BOX 
岐阜CLUB-G
岐阜 柳ケ瀬Ants 
*郵送ご希望の方は以下よりお申し込みください
https://fivestarsmag.thebase.in

 

FIREFLY TOUR ーRoad to BLITZー
スタンディング 前売 ¥3500(ドリンク別) / 当日 ¥4000(ドリンク別)

■7/24(月) 18:30/19:00
SHIBUYA CLUB QUATTRO
NEXTROAD (03-5114-7444)
■8/11(金 ・祝) 17:30/18:00
広島 SECOND CRUTCH
キャンディープロモーション広島 (082-249-8334)
■8/12(土) 17:30/18:00
福岡 BEAT STATION
BEA (092-712-4221)
■8/18(金) 18:30/19:00
UMEDA CLUB QUATTRO
サウンドクリエーター (06-6357-4400)
■8/20(日) 17:30/18:00
岐阜 Club Roots
サンデーフォークプロモーション (052-320-9100)
■8/26(土) 17:30/18:00
郡山 CLUB #9
GIP (022-222-9999)
■8/27(日) 17:30/18:00
仙台 MACANA
GIP (022-222-9999)
■9/2(土) 17:30/18:00
熊本 B.9V2
BEA (092-712-4221)
■9/3(日) 17:30/18:00
岡山 IMAGE
キャンディープロモーション岡山  (086-221-8151)
■9/9(土) 17:30/18:00
新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
FOB新潟 (025-229-5000)
■9/10(日) 17:30/18:00
高崎 CLUB FLEEZ
NEXTROAD (03-5114-7444)
■9/15(金) 18:30/19:00
NAGOYA CLUB QUATTRO
サンデーフォークプロモーション (052-320-9100)
■9/17(日) 17:30/18:00
KYOTO MUSE
サウンドクリエーター (06-6357-4400)
■9/18(月・祝) 17:30/18:00
神戸 ART HOUSE
サウンドクリエーター (06-6357-4400)
■9/23(土・祝) 17:30/18:00
HEAVEN'S ROCKさいたま新都心
NEXTROAD (03-5114-7444)
■9/24(日) 17:30/18:00
柏 PALOOZA
NEXTROAD (03-5114-7444)
■9/29(金) 18:30/19:00
新横浜 NEW SIDE BEACH
NEXTROAD (03-5114-7444)


FIREFLY TOUR ーRoad to BLITZー 
【会場】 12/18(月) 赤坂BLITZ / OPEN18:30 START19:00 
【チケット料金】 オールスタンディング 前売り¥3,500 当日¥4,000(ドリンク別) 
【チケット発売日】 6/17(土)10:00〜 
【オフィシャル先行受付期間】 5/24(水)12:00〜6/4(日)18:00 
【入金期間】6/6(火)13:00〜6/13(火)21:00 
受付URL: http://eplus.jp/initial-l-2017/
未就学児童入場不可・営利目的の転売不可
お問合せ:NEXTROAD 03-5114-7444
主催:NEXTROAD / Rocklife Records